亜鉛ダイカスト・アルミダイカスト 〜部品鋳造から組立完成品まで〜 ISO14001 ISO9001 認証認定工場
工場の取り組み


東京本社
佐久工場
工場の取り組み
安定品質への取り組み
設備案内
ダイカスト製品の提案

  
佐 久 工 場 見 学 へ G O !

佐久工場まで行かなくても佐久工場の様子を動画で見学する事ができます。

鋳造条件、金型、湯の温度管理等、多くの条件が揃って初めて良い製品を作ることが出来るダイカスト。 私たちはお客様の厳しい要求に答えるべく、様々な取り組みを行っています。

■湯温度管理を徹底しています
湯温度管理は製品の良否に大きく影響するため、 ホーメル炉・自動給湯装置(モノレール式)にて万全の体制をとっております。
詳細は安定品質への取り組みをご覧下さい。

● 全自動給湯装置と集中溶解炉 ● 溶解保持路

■再生材は使用していません
佐久工場では亜鉛合金・アルミ合金ともに、 品質の保障が出来ない再生材の購入は一切しておりません。 再生材はバージン材に比べ不純物が多く含有されていることが多く、 強度・鍍金仕上がり具合等の外観品質に影響することがあります。 また、当社は社団法人日本ダイカスト協会より 亜鉛合金ダイカスト 品質証明制度における合格工場として登録されております。

■鋳造法案は基本設計を行います(ゲート、フロー位置、金型構造等)
通常のダイカストでは行われない固定側抜きカムシリンダー方式など、加工レスに よるコスト削減や品質向上のご要望に応えるために、あらゆる可能性を探ります。




K.Asakawa Metal Works Co.,Ltd